メディカルアロマセラピーの特徴とは

メディカルアロマの特徴

メディカルアロマセラピーは植物から抽出された精油を利用し、香りの効果で体の不調を改善させる方法です。
それでは、メディカルアロマセラピーにはどんな特徴があるのでしょうか?
今回は、メディカルアロマセラピーの特徴についてお伝えしていきます。

メディカルアロマテラピーの特徴とは

フランス発祥の芳香療法

メディカルアロマセラピーに最初に取り組んだ国は、フランスです。
現代のヨーロッパの医療現場では、ハーブや精油を治療やリラックスのために用いることが日常的になっており、イギリスではリラクゼーション目的でアロマを使用します。
日本に最初に入ってきたアロマセラピーはこのイギリス方式のものだったので、治療というよりもリラグゼーション目的で使用する人が多いのが現状です。
それに対してフランスでは、人に本来備わっている自然治癒力を高めるという目的でアロマを使用しており、アロマセラピーは代替医療としての「医療アロマテラピー」という位置づけになっています。
現状メディカルアロマセラピーはさまざまな診療科目で活用されています。現代医療だと心療内科・精神科ではうつ症状の改善や不安の解消に用いられているほか、心療内科と提携してメディカルアロマセラピーを行っているアロマセラピーサロンも存在します。
メディカルアロマセラピーは医療行為として既に立派な地位を確立してると言えるでしょう。

メンタル面の不調ケアに有効

メディカルアロマセラピーでは、香りが脳に伝わり人の心に作用する仕組みを活用しています。その仕組みは科学的にも解明されており、香りの癒し効果と精油の薬理効果はメンタル面での不調に有効に働きます。

日本でも医療現場での導入されている

日本では西洋医学を補完する代替医療としてメディカルアロマセラピーの導入が進んでいます。また、治療だけでなく統合医療の観点から、疾病の予防や健康増進に役立たせることを目指しています。

一般的なアロマセラピーとの違い

アロマセラピー

リラクゼーションや香りを楽しむことを目的に、ディフューザーで焚いたり、エアーフレッシュナーやアロマバスにしたりと広く一般的に用いられています。
使用上の注意さえ守れば、誰でも安全に楽しむことが出来ます。

メディカルアロマセラピー

精油が持つ薬理効果を、皮膚疾患、伝染症疾患、神経性疾患の治療に役立てたり、自然治癒力を高め心身を健全な状態へと導く目的で用いられます。
精油学、基礎医学、心理学などの専門知識を身につけた人のみが扱えます。

まとめ

今の日本では医療行為として見られるメディカルアロマセラピーは医師の管理のもと行わなければいけませんが、精油は香りを嗅ぐだけでも気持ちがほっと落ち着いたり、リフレッシュできたり、ポジティブな気持ちをもたらしてくれるものです。
まずは日々の生活に香りを取り入れることからアロマテラピーをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする